今月ピンチ、でも風俗は、、(汗)そんなときはパパ活がいいらしい

大学をとりあえずでて、働き始めて3年、そろそろ20代後半と呼ばれる25歳にさしかかっている私、年収は200万円をなんとか超えているけど、それは給与明細の額面だけの話で、手取りは月に12~15万円と変動する感じです。

仕事内容はいわゆる事務職で、会社で資料を作製したり、本当に普通のOLさんの仕事です。

お局にいじめられるということも3年もたつとなくなるものの、給料はいまいちだけど、生活していけないわけではないという感じです。

でも、今月はさすがにピンチ!です。

というのも20代もこの年代になると、友達の結婚式に招待されるからです。

結婚式に招待されるのは本当に友達としてうれしいことだけど、お祝儀に、着ていくフォーマルのドレス、ヘアセット代、かなり痛い出費です。
そんなときに限って先月は残業代もたいしてでていないので、かなりピンチ!というわけです。

そんなとき、バイトといっても正社員で働かせてもらっているから、コンビニとかでバイトもできないし、疲れているからせっかくの休みに、別の仕事なんてしたくないです。かといって、じゃあ夜のお仕事、風俗はちょっと嫌、でも今月大ピンチ、そんなときに出会ったのが「パパ活」です。

パパ活は、援助してくれる男性を見つけて、食事とかをするだけで、お金が稼げる、風俗とは違う、新しいお仕事です。
食事だけでも1~2万円、さらにエッチな関係なら、倍以上の5万円以上も稼げてしまうお仕事です。

風俗だと、そのお店に所属して、ちゃんとシフトで働かないといけないお店もあるので大変だけど、パパ活なら大丈夫です。
自分の好きなときに、援助したい女の子をさがしているパパを見つけて、お食事したりすればいいので、自分の仕事とかタイミングに合わせられます。

これは普段働いている女子にはとっても嬉しい。

しかも風俗は、変なお店が集まっているところに足を運ばないといけないので、万が一のとき、仕事の同僚とかにみつかったら気まずいけど、パパ活ならそんな変なお店が集まっているところに行かなくてすむこともあるので、風俗よりもリスクがかなり少ないのもオススメのポイント。

食事だけなら、そこそこの高級店でお食事できるので、全然知り合いに会うリスクも少ないです。
私みたいに突然の出費のときだけパパ活する人もかなりいるので、突然の出費に困ったらぜひ、パパ活やってみてくださいね。