やっちゃった、パパ活で失敗したこと

パパ活を順調にやってそうな私ですが、もちろん、パパ活で失敗しちゃったことはあります。
そもそもパパ活動での失敗ってどんなものなのか?
実際にパパ活をスタートして、あのときこうしておけばよかった!!
もっとあのとき注意しておけばもっと稼げたのに、、、そんな残念な失敗をしちゃったことがたくさんあります。
そんな失敗の中でも、特に注意すればもっとお金かせげたのに!という失敗を厳選して紹介するので、ぜひ参考にしてね!

失敗(1)お金を前払いでもらっていない

パパ活をする女の子は比較的、女子高生がやるような援助交際とは全然違います。
というのも、私は今25歳で、いわゆる若い子が大好きでとにかくやりたい!っていうような男性はまずパパとして相手にしていません。
なので、比較的紳士的なパパが圧倒的に多いので、後で、感謝の気持ちということで、お金を援助してくれる流れが多かったです。
あと、ある程度の年齢になると、女子高生とか若い子みたいにお金くれ!みたいなアピールはちょっとはしたない感じがしてました。
でもそれは絶対にダメ!遠慮していると確かに大人の女性という感じでポイントは高いかもしれないけど、中にはそのままうやむやにしてしまう人や本当に忘れちゃう人もいます。
なので、最初に今日の分は事前にいくらか相談して、
○○円の支払いを先にお願いします。
とお願いしましょう。特に長い付き合いのパパでも忘れちゃう人もいるので要注意です。
パパを募集するときに、
食事なら○○円~
マッサージつき1回○○円~
エッチ込み1回 ○○○○円~ と表記しておくと、パパも自分自身もお金のやりとりで
シンプルにすみます。
お金をもらう、これは立派な給料なので、特に気をつけてほしいことです。

失敗(2) LINEアカウントをリアルなアカウントで連絡先に使っちゃった

これもありがちな失敗です。
今自分が使っているスマートフォンでのLINEアカウントを使っちゃうと、もうこのパパとは会いたくない、1回限り、ちょっとしばらくはパパ活をお休みしたいというときに
リアルなLINEアカウントだと頻繁に連絡がきたりするとかなりウザいです。
なので、必ずプライベートスマホとパパ活用のスマホでLINEアカウントは分けましょう。
いまだと、格安スマホで月々980円とかのスマホもあるので、そういうのを利用しましょう。

失敗(3) 自分のキャラ設定が甘い

高学歴を狙って、○○女子大とかをアピールしていて、それで稼いでいるのに、いざちゃんと下調べをしていないと、高学歴なパパだと簡単にばれちゃいます。
なので、しっかちと高学歴キャラでちょっと頑張って稼ぐなら、きちんと下調べをしたほうがいいです。
一回、大学名を別のとこを宣伝していたら、その大学のOBですぐにばれて、怒って帰られちゃったこともあるので、みんなは気をつけてね!!

失敗はだれにでもありがちです。
だからこそ、私のやっっちゃった失敗をもとに、失敗しないようにしてね。